♪天気の子@TOHOシネマズ日比谷2019/08/02 12:00

2019年7月鑑賞分

邦画(アニメ)は4本

●プロメア@TOHOシネマズ川崎

☆☆

評価が高かったので気になっていましたがタイミングを逃しましたが、どうにか川崎で観れました。初めての応援上映ですが、ガラガラだったので静かに観れました。腐女子受けしているようで、お一人頑張ってる方がいましたが。

スタイリッシュな映像ですが個人的には好みじゃありません。凄いと言えば凄いけど勢いだけかなあ。最初の5分でお腹一杯です。ストーリーはあってないようなものだし。ほぼメカバトルで酔いました。そして自己防衛の為落ちました・・・。それでも頭痛が。それにしても豪華な俳優陣だなあ。

映画1

●青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない@TOHOシネマズ上野

☆☆

TVアニメの続編らしいけど、TVアニメは観てないし原作も読んでません。なので、キャラ設定やその魅力を全く感じることが出来ないまま話は進んでいきます。訳が分からない部分も多いので、当然落ちました。それでも、後半だけで世界観は感じることが出来ました。個人的にアニメで重視するキャラ設定や作画にも魅力を感じなかったかな。尺は短めなので初見の人でも入り込める内容にして欲しかったかも。でも、観てた作品だと、TVアニメの使いまわしをするなよって文句言うんですけどねw。

映画2

●ミュウツーの逆襲 EVOLUTION@TOHOシネマズ日比谷


時間合わせ的に観ました。特にポケモンはポケモンGOを少しだけやったくらいです。なので、かなりきつかったです。子供向けにしても、ここまで中身がないとは・・・。クライマックスシーンも何で?という感じですが、ユーザーレビューを見ると20年前のリメイクでかなりカットされているらしい。子供の頃に見て脳内補完出来る方は楽しめる内容だったのかな。3Dもふた昔前のクオリティで、中身同様スカスカ感が否めない。2Dで良かったと思うんですが・・・。

映画3

●天気の子@TOHOシネマズ日比谷

☆☆☆☆

初日舞台挨拶付で鑑賞。新海誠監督、醍醐虎汰朗、森七菜 本田翼、吉柳咲良、小栗旬が登壇。本田翼を声優で使うことに抵抗がありましたが、舞台挨拶付だと嬉しかったりしますw。明らかに商業的なキャスティングなんですが、話題作だと無しでは無いのかも。

相変わらず細部まで拘った映像は素晴らしいですが、ストーリー的には起伏が少なく淡々と進むので、面白味は前作ほど感じられませんでした。人物描写もバックボーンが語られず、感情移入は出来ず、魅力が感じられませんでした。前作以上に音楽も素晴らしいんですが、あまりに嵌りすぎていて、逆に鼻についたかも。キレイにまとまりすぎても・・・という印象です。でも、隣の席の女子高生は大泣きしてたので、ターゲットじゃないのかも。

映画4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2019/08/02/9135953/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。