♪いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46@TOHOシネマズ六本木2019/08/01 12:00

2019年7月鑑賞分

引き続きフリーパスポート利用ですが、さすがに観るものがなくなります。観るものはあるんだけど、マイナーな作品は限られたところでしか上映していなかったり、客席が少ないとフリー利用の上限オーバーで使えなかったり。フリーパスポートとは名ばかりで使い勝手悪すぎ。

邦画(実写)は2本。

●いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46@TOHOシネマズ六本木

☆☆☆☆

舞台挨拶付で観たかったけど、当選しなかったので生中継付で観てきました。料金は変わらないのでお得感があります。でも、まいやんが体調不良で欠席。体に気を付けてください。

映画3

監督は乃木坂46を殆ど知らないところから始めたはずですが、出来上がってみればしっかり押さえるべきところを押さえてます。今後、乃木坂を引っ張っていくのは間違いなく飛鳥なので焦点が当たるのは仕方ないけど、少し偏っていたかな。情熱大陸の続きっぽい。でも、与田ちゃんもフォーカスされていたので満足です。撮りためた映像は膨大にあるだろうから、普段光が当たらないメンバーの物語も見てみたいけど難しいかな。DVDのおまけとかで付いてたら買っちゃうかも。

映画1

●Diner ダイナー

☆☆☆★

どうせ蜷川実花 の映像と藤原竜也のネタっぽい演技だけの映画だと思っていたので、ある意味予想通り。でも、CMとかで流れちゃってるので特にインパクトもなかったかな。個性的な俳優陣の魅力的なキャラ設定で面白そうだけど、大して面白くないです。映画の尺で消化するのは難しそうなので仕方ないけど、もったいない。原作を読んでて補完出来ると、キャラとかの背景やストーリーの浅さとかも気にならないのかも。玉城ティナが思ったより可愛かったので星半分おまけです。

映画2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2019/08/01/9135951/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。