甘楽 花子(甘味処)2012/03/06 00:00

摘草の京都2012①

はい、ブログ更新さぼってました。ついでに京都へ行ってきましたので、その報告記事から再開します。初日は新規開拓に徹します。前夜に京都に入っていたので、朝食替わりの甘味からスタート。「甘楽 花子(かんらく はなご)」さんは丸太町駅(京都市営)からすぐ。

甘楽 花子1

なかなか早い時間から開いている甘味処は少ないのですが、こちらの営業時間は9時から。10時過ぎに訪問しましたが・・・店内が暗い。奥からご主人が出てきて「仕込みの最中ですが、少し待っていただければ」ということで、ほっと一安心。煎り番茶をすすりながら、ゆったり。

甘楽 花子2

セット(750円)は一保堂茶舗のお茶(抹茶または煎茶)を一緒に頂けます。朝一のため選べるものが少ないようですが、雑誌記事で目にした宇治山をチョイス。上品な漉し餡に抹茶の苦味で、甘さ控えめな一品。シンプルゆえに美味しさがストレートに伝わってきますね。

甘楽 花子3

甘楽 花子4

探せば何気にレベルの高い甘味処が見つかるところは、さすが京都。場所的に使い勝手が良いので、また利用させていただきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2012/03/06/6362605/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。