瑞穂(豆大福)2009/12/31 01:28

大福が食べたくなったらご近所の「松島屋」で良いやと思っていましたが、原宿にも有名店「瑞穂(みずほ)」があり、ついでなので立寄ってみました。地図を見てきたはずなのに・・・迷いました。ちょっと行き過ぎたっぽいので、スタート位置に戻ろうと裏路を歩いていると、偶然発見。意外とロスなくたどり着くことが出来ました。

売り切れで店じまいとなりますが、土曜の15時過ぎで行列はなし。ショーケースの上には大福が山積みされています。1個200円と高めの価格設定。大福はお腹が埋まるので1個だけと言いたいところですが、なんとなく1個って買いにくいので、いつものように2個購入。

豆大福1@瑞穂

この後、渋谷まで歩いて買い物をしてから帰宅したので時間が経ってしまいました。お餅が固くなっていても、それは考慮しての感想。美味しい!「松島屋」と同じく大福の重さがなく、餡がスムーズであっさりしています。比較的、豆の塩気が強く感じられるのも好みです。時間が経っても美味しく頂けるのも良いですね。原宿に立寄ることがあれば、是非また利用したいと思います。

豆大福2@瑞穂

ブログを始めて1年間経ちました。その内ちゃんとしたタイトルを考えようと思ったまま
1年間経ってしまいましたw。旅行へ行った時以外は、毎日UPすることが出来ましたが、食べログではないライヴ報告がこんなに多くなるとは・・・。来年は仕事も忙しくなるかもしれませんが、食べものに関らず、力を抜いて続けていきたいと思います。基本、食べ物ですけど。読者は少ないと思いますが、来年もよろしくお願い致します。

手打そば佶更(蕎麦)2009/12/31 14:36

「今年最後の記事は大福ですか?」という他意のないコメントがつきましたので、大晦日らしい記事を追加w。先程、年越し蕎麦を頂いてまいりました。白金でお蕎麦というと「三合庵」が有名ですが、改装のため来年2月くらいまで休業とのこと。この辺りは、他にもお蕎麦やさんが数件あるので試してみましょう。「手打ち蕎麦佶更」は10月開店、場所は「三合庵」の並びです。

雰囲気のある看板ですが、何故か入口のドアが微妙なアルミ?店内は一枚板のカウンターに、和風な現代アートといった感じ。BGMはジャズで。開店時間12時ジャストに入店しましたが、既にカウンターは一杯。しかし、丁度食べ終わるお客さんがいて、程なく着席。

価格は、「ざる」が650円と比較的安めの設定。「天ざる」1500円を注文。先に天ぷらだけ運ばれてきました。海老は衣が多めでレア感が残っています。フリッター風の衣は苦手・・・。海老×2・アスパラ・椎茸・蓮根と素材はまずまずなんですが。

天@手打ち蕎麦佶更

肝心のお蕎麦は、白みがかった田舎蕎麦。水切りが良く、歯ごたえもあり、なかなか良いのではないでしょうか(蕎麦スキルは低いので詳しく書けない・・・)。つゆはバランスが良く、甘さも辛さもたっていません。そば湯は、以前の「三合庵」を上回るとろとろ加減。お腹が埋まって、体も暖まります。家に帰って調べると、立川で30年お店をされての移転らしいです。お蕎麦は美味しいので、次回はそばがきでも。

ざる@手打ち蕎麦佶更

それでは良いお年を~♪