山珍居(台湾料理)2009/12/03 01:07

こちらは昔から利用しているお店ですが、今年は初めてになります。赤塚不二夫らの漫画家が贔屓だったお店で、色紙やポスターがあちこちに貼られています。予算3000円程度でも食事出来ますが、いつも5000円くらいでおまかせでお願いします。

●小皿4種
ピーナッツの炒め物、根菜の素揚げ、海老芋の煮物、酢の物。

●煙腸
台湾風ソーセージ。定番の前菜で、風味にクセがありますが好き。

煙腸@山珍居

●老肉
豚三枚肉の煮込み 。こちらも定番ですが超お勧め。

老肉@山珍居

●蛎仔煎
カキの台湾芋粉とじ。お好み焼き風。ソースがちょっとしょっぱい。

●魚料理
イシモチの揚げものに黒酢餡かけ。

●スープ
松茸とキヌガサダケ。

●炒米粉
こちらのビーフンもお勧め。あっさり目ですが特製ソースを付けると更に美味。

全体的にちょっと味が濃い目に感じられましたが、定番の煙腸・老肉・炒米粉は相変わらず安心していただけるお味でした。冬場は火鍋もお勧めです。小さいサイズでも4~5人で頂けます。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2009/12/02/4736485/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。