第41回 エプソムカップ(GⅢ)2024/06/09 00:00

競馬場へ行ってきました。5週続いたGⅠもひと段落ということで気合も入りませんが。

競馬0

5Rの新馬戦にはチェルヴィニアの下のアルレッキーノが出走。期待しましたが、残念ながら2着。逃げて標的になったし、3着は離したので次走は確勝かな。勝ったのはキタサンブラック産駒のクロワデュノール。

競馬1

競馬3

2Rほど当ててトントンでメインに。

●函館スプリントS

◎アサカラキング
○シナモンスティック
▲シュバルツカイザー

(結果)
1着サトノレーヴ
2着ウイングレーテスト
3着ビッグシーザー

逃げたのはまさかのカイザーメランジュ。アサカラキングは2、3完歩目からが早いので交わしていくかと思いましたが先頭に立てず。直線を向いて失速。逃げれないと意外ともろかった。抜け出したのは3番手追走のサトノレーヴ。安定感がある。混戦の2着は長く脚が使える力上位の馬が来た印象。アサカラキングから穴狙いとしたので全くかすらず。

●エプソムカップ

人気のレーベンスティールは弱い世代で59キロ、ヴェルトラゼンデは長期休み明けとどちらも罠っぽい。でも、前者は前走は海外帰りで仕上げがうまくいかず度外視。ルメールを確保して必勝態勢。パドックは終始ちゃかちゃかして微妙だけど馬体は断トツなので良いか。

競馬4

1番人気から行くので相手は人気薄で。初の重賞挑戦で差のない競馬が出来たニシノスーベニア。後はパドックで1番良く見えたグランディア、前日より人気を下げて買っても良いかなという感じでトゥデイイズザデイ。当たる気がしないので4頭に絞ります。

競馬5

◎レーベンスティール
○ニシノスーベニア
△グランディア
△トゥデイイズザデイ

競馬6

(結果)
1着レーベンスティール
2着ニシノスーベニア
3着シルトホルン

競馬7

レーベンスティールは好スタートから折り合いを付けて直線力強く抜け出し。弱い4歳馬だけど59キロでの完勝で今後も期待して良いのかも。2着のニシノスーベニアも同様に好位追走でスムーズな競馬。1、2着は体制が決まったので興味は3連単の3着。グランディアも来てましたがタイム差なしの6着まで。

競馬8

レーベンを信頼しきれず馬連は4頭BOXにしてしまいましたが、◎○のワイド一点を多めに買ってたのでそれなりにプラスになりました。3連単は1着◎流しの6点×100円とおまけ程度にしたのも正解。GⅠじゃないと当たるなあw。宝塚記念まではこの調子でマイナスを減らさないと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2024/06/09/9691762/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。