リョウリヤ ステファン パンテル2020/04/20 12:00

桜の京都2020⑭

パンテル1

丸太町

パンテル2

一年に一回くらいの利用かな。ランチが多いけど、今回はディナー利用。カウンター席は、お一人様だと隣りが空いているので、ソーシャルディスタンス的にも良い感じ。一皿目はホタテと菜の花。ゆずの薬味。ナッツの食感も良いです。

パンテル3

スペシャリテの大根の奈良漬が巻かれているフォアグラ。オレンジのソース。毎回食べていると思うけど、一番美味しく感じたかな。

パンテル4

パンテル5

レンズ豆のスープ。クリームはスプーンで別添えで。燻製したホタルイカの香りに、カレー風味のオイルと表現しにくいお味w。

パンテル6

イイダコと大原で撮れたお野菜。これは比較的シンプルに素材を楽しめます。

パンテル7

お魚はサーモン。卵黄とブラッドオレンジ、焦がしバターのソース。サーモンも美味しいけど、菊芋チップス大好き。

パンテル8

お肉はバスク豚のロースト。ロースとバラ肉も一口。ソースは蕗の薹に味噌も少し。椎茸などが詰まったキャベツにニョッキも添えられてお腹も良い感じに。パンも小さいけど4つ食べたし。

パンテル9

木苺、フランボワーズのコンポート、ピスタチオのビスキュイにバルサミコのシャーベットで複雑なお味。

パンテル10

コーヒーと小菓子。この小菓子は良く出来てる。ココナッツの焼き菓子は好きだけど、これは絶品。

パンテル11

こちらも京都と言う立地で頂くフレンチとしてはお気に入りのお店。他のフレンチは殆ど使ったことがわりませんがw。前回のディナー利用の時にも感じたけど、CPも考えるとランチがお勧めかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2020/04/20/9232889/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。