♪スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け2020/01/01 12:00

2019年12月鑑賞分

先月も3本と少なめです。

●ルパン三世 THE FIRST@TOHOシネマズ日比谷

☆☆☆★

正直3Dにする必要性を感じないと思ってるのでスルーするつもりでしたが、舞台挨拶が当選したので観てきました。栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一のレギュラー陣に加えて、ゲストの広瀬すず、吉田剛太郎、藤原竜也と山崎貴監督が登壇。正直、広瀬すずのキャスティングはないと思いましたが、舞台挨拶付なら有りです。吉田剛太郎、藤原竜也のトーク時間も短かったので、本編よりトークをもっと観たかったw。

映画1

ストーリーは「カリオストロの城」を薄くしたような印象ですが、期待していなかったので、それなりに楽しめました。元々、アニメも一番最初のTVシリーズの雰囲気が好きだし、個人的にルパンに感動は求めません。3Dもがんばってるところと今一つの部分と色々ありましたが、日本の3Dアニメとしては悪くないと思います。今は無き原作者も3D化は楽しみにしていたそうなので、あれこれは言いたくないかな。

映画4

●ドクター・スリープ@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

☆☆☆★

シャイニングの正当な続編ということですが、あくまでS・キング原作と言うことで、映画の世界観は全く別物です。まあ、前作は鬼才キューブリックの解釈で作られた作品なので、むしろ今作の方が原作に近いのかも(未読です)。序盤は、あれ?これってXメンのスピンオフというような内容w。ある意味、普通に楽しめます。もちろんホラー的な要素はありますが、狂気的な怖さはあまりなかったような気が。エンディングは原作と変えてるようですが、個人的には好みじゃなかったかな。原作を読んでみますか。

映画5

●スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け@TOHOシネマズ日比谷

☆☆☆☆☆

初日に行って来ました。第一作が公開されてから42年。一応、全部映画館で観ることが出来ました。最後の3部作はキャラが弱く感じてましたが、やっと慣れてきた感じ。ストーリーも無難と言うと何ですが、期待通りにまとめてくれた感じです。ちょっと、ディズニー色も入ってたような気がして、苦笑いしましたがw。バトルも適度でバランスが良かったかなと。めちゃくちゃ面白かったわけでもありませんが、映画史に残る作品に敬意を表して☆5つです。

映画7

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2020/01/01/9194902/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。