ルーヴル美術館展@国立新美術館2018/09/11 00:00

ルーヴル美術館展
肖像芸術——人は人をどう表現してきたか
2018年5月30日(水)~2018年9月3日(月)

国立新美術館1

目玉は27年ぶりに来日するヴェネツィアの巨匠ヴェロネーゼの傑作《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》。

国立新美術館3

入場で10分程待ちましたが、入ってからは思った程ストレスは感じずに観て回れました。肖像という部分に焦点を当て、幅広い年代の絵画や彫刻などが展示され、飽きることのない内容でした。

国立新美術館2

荒木飛呂彦原画展JOJO-冒険の波紋-。こちらは10月1日まで。ジョジョは特にファンじゃなかったけどアート性は高いのでも気になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://armani.asablo.jp/blog/2018/09/11/8958840/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。