あさば(旅館)③2010/09/16 01:10

夕食は部屋で頂きます。本日のお献立。達筆。

あさば18

あさば19

●豆あじ素揚げ
シンプルな一皿からスタート。そういえば、修善寺駅で販売している「武士のあじ寿司」は絶品でしたね・・・。温泉で血行が良くなっているせいか、ご挨拶で注いでもらった日本酒で、既に顔が真っ赤になってるそうです。

あさば20

●茶豆すり流し
茶豆が濃厚で、好きなお味です。塩が強めかもしれませんが、豆の旨味が引き出されてル苦ないです。食欲が促進されます。

あさば21

●長月盛肴
大葉を巻いた鶏肉が香り・歯ごたえが良く、とても美味しいです。わらびや酢味噌和えもなかなか。この近くで採れるという貝はふ~んという感じ。いくらは味が薄く、皮が残る感じでこれは頂けない・・・。酔ってるためか、写真もぶれて頂けない・・・。

あさば22

●鱧松茸吸鍋
先ほど、売店でチェックした45万円の銀鍋が登場。お椀が大きくて、旨味の凝縮したお出汁もたっぷり頂けます。具は、ポン酢で。お連れ様が、鱧の骨が少し気になったようですが、ボリュームのある贅沢なお椀でした。

あさば23

あさば24

あさば25

●シャサーニュ モンラッシュ 2008<ミッシェル ニエロン>
お連れ様の好きなワインということで。少し、舐めさせて頂きましたが、クセがなく飲みやすいワインですね。お料理の邪魔をしない感じ?と分らないけど語ってみる。

あさば26

●めいち鯛赤いか造り
お刺身は肉厚で食感が良いです。赤いかは、わさびで甘みが立ち美味しいですね。鯛はまあ普通に美味しいかなと。というか、わさびが美味しい。
あさば27

●かます炭火焼
こちらも、まあ普通に美味しいかなと。何気に添えられたあちゃら漬が美味しく、交互に頂くと良い感じ。

あさば28

あさば29

あさば30

何気にお庭の灯篭には明かりがともり、水の流れる音に加えて、虫の鳴き声も大きくなっているようです。こんなシチュエーションのお食事は、都心では絶対できない贅沢ですね・・・(後半へ続く)

あさば31

あさば(旅館)④2010/09/16 12:14

夕食の続きです。食事中は仲居さんが頻繁に出入するので、部屋の戸は開けっ放しになります。宿泊のコメントで、廊下の音が気になるというものがありましたが、こちら「萩」のお部屋は小川の音が聞こえるせいか、全く気になりません。
●白だつ、防風、ゆばからし醤油
こちらのお料理は優しいものが多いのですが、これはまさにその特徴が良く現れていますね。やはり、伊豆・修善寺では、野菜が美味しく感じられます。見た目のバランスもあると思いますが、防風がもう少しあると良い感じにめりはりがでそう。

あさば32

●床ぶし、石川芋揚げ物
後半の揚げ物は好みではないのですが、このくらいのボリュームならOKかな。と思ったら、お連れ様が床ぶしを一つだけ食べた後、お皿が回ってきました・・・。床ぶしは、かなり歯ごたえを残してます。石川芋は、粘りがある好みのタイプ。

あさば33

●穴子黒米ずし
こちらの名物らしいです。ふわふわに煮込まれた穴子に、かなり上品なツメで、あっさりと頂けます。黒米はもっちりとしてますが、そんなに重くはありません。こちらも、お連れ様よりお皿が回ってきましたが・・・最後に食事もあるので、上の穴子だけでご勘弁下さい。ちなみに、黒米の読みは「くろまい」です。

あさば34

●冬瓜、白金豚炊き合わせ
主役は冬瓜ですね。白金豚の適度な脂とあわせていただくと、旨味が増します。

あさば35

●松茸ごはん
釜で登場。食べ切れそうもないので、おにぎりにしてもらおうと思ったのですが、それはやっていないと言うことなので・・・がんばって食べました。香の物は薄味で、野菜の旨味だけを引き出しています。お味噌汁は、ごぼうと小鮎が入っています。蓋の形状が面白いなと思ったら、竹の節の部分を使ってるそうです。

あさば36

あさば37

●デザート(ブラマンジェ・メロン・葛切りから選択)
普段だと迷わず葛切りなんですが、果物で〆たい気分だったので、メロンに。お連れ様のブラマンジェは、放置されて原型を留めていない・・・けど、もったいないので頂いときましょう。〆だと思ったら、その後に茄子と生姜のアイス。

あさば38

あさば39

あさば40

全体通して、優しいお料理でした。お料理だけの評価だと、飛びぬけて美味しいと言う訳ではありませんが、あさばというシチュエーションを加味すると期待を裏切らないお食事でした。食後少ししてから、布団の準備。机を6上に移して、お茶と一緒に、お茶菓子が用意されていました。あさば饅頭(到着時に一つ残したので)、塩かりんとう、金平糖。

あさば41

野天風呂は22時半から男子なので、1時間近くありますね。本でも読みながら、少し休憩。