大神(割烹)後2010/03/28 00:29

春の京都2010⑫

●毛蟹
前の日にカニは食べ納めのはずだったんですが、別のカニが出てきました。毛蟹はこれからが旬ですが、見つけて嬉しくて使ったそうです。手前は味噌を餡で溶いたもの。
この辺りでお隣の女性がお腹一杯の模様・・・。

毛蟹@大神

●つまみ①
お皿の分類が分らなくなってきました。ここに来て八寸っぽい内容。左が車えび・とび子の寿司・もろこ・一寸豆・にんじん(松の葉に刺したもの)。右がイカのぬた。奥が白魚の白和え。

つまみ1@大神

●小鍋
ハマグリの卵とじ。ハマグリは小さく薄くスライスにしてあり、とても香りが良く食べやすいです。この出し方はパフォーマンスとしてもなかなか。

小鍋@大神

●つまみ②
さらにお皿は続きます。お酒飲みにはたまりませんね。左は筍とホタテ。右はカワハギに肝を乗せたもので、酢を効かせた味付け。これは美味い!

つまみ2@大神

●食事
ご飯は、鯛・あさり・穴子・タコ・筍からお一人様でも選べます。この日は鯛が美味しかったので悩みますが・・・季節柄、筍で。おこげたっぷり。お椀は合わせ味噌で山葵を効かせています。食べきれず、おにぎりにしてもらっている方が多数。

食事@大神

●水菓子
苺ゼリーにココナッツ・ブルーベリーのシャーベット。

水菓子@大神

初めてなので、大神はこれ!というお料理は決めかねますが、それぞれ手が込んでいて美味しゅうございました。おせち料理並みに、お料理が多くて楽しかった・・・それが大神流?約2時間半かかりましたが、そんなに待たされた感はありません。料理の説明が早口なので、何を頂いたか覚えるのが大変でしたがw。食べログでは、緊張感が・・・という記事も目にしましたが?気楽にお食事出来る雰囲気でした。

「お店を紹介してくれたお客さんによろしく」との事です。そして、私には「騙されて来ちゃいましたね」とおちゃめなご挨拶でお見送り。CPは言うことがありません。このまま頑張り続けてほしいお店ですね。(続く)

麩嘉(麩専門店)2010/03/28 14:05

春の京都2010⑬

お麩は京都料理で飾りとしてよく使われますが、何気に好物だったりします。その麩を使った麩まんじゅうで有名な「麩嘉」へ伺ってみました。錦市場や京都伊勢丹でも購入できますし、東京のデパ地下でも時々入荷するようですが、せっかくなので本店へ。当日でも余裕があれば購入できるようですが、基本予約制ということで前日にお願いしておきました。

麩嘉@丸太町

京都府丁近く、雰囲気のある佇まいです。暖簾を潜ると、冷蔵庫に予約に品が並べられています。あまり数は無かったので、多分、予約分以外は他の販売店に運ばれるのでしょう。右手には座敷があり、店内でも頂けるようです。一つ200円くらい、6ヶ購入しました。

麩まんじゅう@麩嘉1

その場で頂きたいのを我慢して、深夜に帰宅してから頂きました。麩まんじゅうは笹の葉で包まれ、しっとりとした状態。表面がつるつるです。見た目緑がかっているのは、蓬ではなく青海苔ということです。もっちりとした食感が良いですね。餡は量も甘さも控えめで、あくまで麩が主役という感じ。日持ちするなら、たくさん購入したいところですが、日持ちは製造日を含めて3日間。半分は翌日に頂きましたが、やはり購入日の方が美味しかったし・・・。

麩まんじゅう@麩嘉2

季節物の麩まんじゅうもあるようなので、次回京都訪問の際も利用したいと思います。(続く)