和醸良麺すがり(ラーメン)2010/03/22 02:07

春の京都2010①

続けてラーメンの記事ですが、ここから京都になっているので注意!

3連休で「祇園さゝ木」の予約が取れたので、土日にちょこっと行って来ました。ホテルの予約が取れなくて困りましたが、毎日じゃらんでキャンセルがないかチェックして、どうにか京都泊。大阪に泊まって日曜日に京都という方も多かったようです。そんなホテルは最低でしたが・・・それは置いといて、今回の訪問は土日の夜に割烹を入れたので、いつもほど食べない予定を組んでみました。
こちら「和醸良麺すがり」はdancyu4月号「大人の麺ライフ」に掲載されていました。

和醸良麺すがり@四条烏丸

雑誌でチェックしていなかったら絶対見過ごす店構え。恐るおそる、町屋風で木戸を文字通り潜って・・・進むと右手に券売機を発見。「もつつけめん」(880円)にトッピングで生卵(70円)を購入。麺は1.5玉から選べますが、軽くすませたいので1.5玉で。右に回りこむようにして、初めて店内が見えます。開店(11時半)直後の入店で一番乗り。人気がないのかなと思ったら、待っている間に続々とお客さんが来ました。

もつつけめん@和醸良麺すがり

全粒粉麺の麺は、まるで蕎麦のような見た目で和を感じさせます。麺だけ1本食べてみると、確かに小麦ですね。腰はそれ程感じられません。つけ汁は、豚骨・鶏がら・煮干。バランスがとれて、やや薄め。麺とつけ汁のバランスは良いですね。炙ったもつ自体は普通ですが、麺ともつの脂の組合せは結構ツボです。さらに、すき焼き風に+生卵につけて・・・お~~~面白い。これは、カレーに生卵な感じの関西風?

つけ麺ではなく、蕎麦をイメージして行ったせいか、意外とボリュームがありました。関西で800円以上のラーメンは受け容れられないと思っていたのですが、今後どうなっていくんでしょう?(続く)

素夢子古茶屋(韓国茶カフェ) ③2010/03/22 13:33

春の京都2010②

地下鉄・四条烏丸からお隣の烏丸御池へ移動。いつものように、こちらの10種類の薬草を煎じた十夢母茶(1000円)を頂いて体調を整えます。この日は最高気温が20度以上ということもあり、これを飲むだけで汗ばんできそうです。十夢母茶についてくる小さな薬飯も何気に美味しかったりします。

十夢母茶@素夢子古茶屋

いつも頂くものも一緒なので、特に書くこともないんですが・・・(失笑)。カウンターの奥には陶器がずら~っと並べられています。

素夢子古茶屋@烏丸三条